ベンツ専用オイルFUCHSフックス オイル FUCHS(フックス)
メルセデス・ベンツ用

FUCHS
※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

100%エステル

ベンツ用オイルFUCHS 100%エステルTITAN GT1 SAE OW-20
1.0Lボトル

  • 品番:2320055
  • 税込定価:¥4,968
  • 税込価格:¥3,888
  • カートに入れる

ディーゼルターボ承認オイル

ベンツ用オイルFUCHS 超省燃費オイルTITAN GT1 SAE 5W-30
1.0Lボトル

  • 品番:3820112
  • 税込定価:¥3,672
  • 税込価格:¥2,916
  • カートに入れる

メルセデス承認

ベンツ用メルセデス専用設定オイル FUCHSTITAN SUPERSYN SAE 5W-40 1.0Lボトル

  • 品番:3822101
  • 税込定価:¥2,808
  • 税込価格:¥2,268
  • カートに入れる
TITAN GT1 SAE OW-20
ポルシェ・エンジニアリング・サービスを開発パートナーにテストを 繰り返し開発されたTITAN GT1。植物エステルをベースオイルとし、低フリクション、低粘度、省燃費、生分解性と類を見ない耐熱性の高さを誇る最高規格のハイパフォーマンス・エンジンオイルです。
エステルは航空ジェットエンジンの潤滑オイルとして使用されており、その優れた耐熱性は実証済み、AMGやその他高出力チューニングエンジンには特にお勧めできます。 その基本性能の良さから粘度指数を向上する必要性が無いために0W-20のままとなっております。
TITAN GT1 SAE 5W-30
TITAN GT1 5W-30は、DPF付きディーゼル車専用で最新のシンセティックテクノロジーをもとに開発された100%合成油ベースの超省燃費オイルです。
ガソリン車用オイルをDPF付き車に使用すると含有する硫黄・リン成分によりDPFの寿命を短くしてしまいます。
メルセデスベンツ承認番号M229.51規格は低硫黄・低灰・低リン仕様で最新ターボディーゼルエンジンにも対応します。
また際立ったロングライフ特性を有し、オイル交換のインターバルを延長します。
TITAN SUPERSYN SAE 5W-40
TITAN SUPERSYN はメルセデスベンツ最新承認番号229.5を取得した100%合成油ベース、超省燃費オイルです。
最新のシンセティックテクノロジーをもとに開発された熱安定性に優れた添加剤を使用しているため、走行条件に関わらず、常に最適な油膜(HTHS粘度3.7を実現)を形成します。メルセデス1999年以降全てのガソリン車に対応いたします。
その他ではACEA A3/B4 EU自動車工業会、API SM/CFアメリカ石油協会、BMW LongLife-01、PORCHE A40、VW502 00/505 00 にても認証番号取得しております。メルセデス以外にもガソリン車は全て使用可能です。
MB229.1/229.3/229.31/229.5等のシートナンバーはメルセデスが独自に承認しているオイル規格でそれぞれのエンジンに必要なスペックを表します、コンマ以下の数字が後のものほどロングドレイン性と省燃費性などが優れています。もちろんロングドレインとなるのは対応した車両のみとなります
※特にMB229.31/229.51はDPF付ディーゼルに対応した規格で低硫黄・低灰・低リン仕様の特別オイルとなります。
FUCHS【フックス】社フックスオイルとは
FUCHS(フックス)は、1931年にドイツのマンハイムに設立された世界最大の独立系潤滑剤メーカーです。
自動車のエンジンオイル・ATF・ギアオイル・グリース・建設機械や農業機械の油圧作動油・機械加工の切削油、自動車メーカーの生産ラインで充填されているオイルも実はFUCHSが採用されています。変わったところではクレジットカードもFUCHSの潤滑剤でコーティングされています。FUCHSは潤滑剤のスペシャリストです。
FUCHSは2002年2003年度と連続してダイムラー社のトップサプライヤー賞を受賞しました。
エンジンオイル、ATF等潤滑剤はもちろんの車製造段階で使用する機械加工油まで全てFUCHSのオイルが使用されておりますその品質がベンツ社から信頼された証しとなります。
メルセデスとの関係は特に深く新車充填オイルを長年供給しており、世界最高級と言われる乗用車「マイバッハ」にもFUCHSオイルが使用されております。
メルセデス以外にもVW,BMW,PORCHEなどえも新車初期充填油を供給しております。
FUCHSは、それぞれの分野で環境にやさしい生分解性潤滑剤を供給しています。
80年代後半、FUCHSが生分解性潤滑剤の研究開発に力を入れていた時、誰もがこれを成功するとは思っていませんでした。
しかし、石油産業に限らず幅広い産業分野に研究開発のネットワークを持つFUCHSの基礎研究が実を結び、新しいエンジンオイルの原材料として植物油を取り入れ、すばらしいエンジン性能と環境にやさしい生分解性を両立させた新しいエンジンオイルTITAN GT1の開発、生産に成功しました。
FUCHSでは設立より一貫して潤滑油の生産に専念し需要メーカーの技術者と協同研究開発を重ね多くの需要メーカーと親密なパートナーシップ関係を築きテーラーメイド品ともいえる潤滑油の製造を得意としてきました。特筆すべきはフックスの代表取締役マンフレッドフックス氏他の役員9名が全て博士号を持つ研究者であり研究開発部門だけでも400名以上がしているなど研究開発に重点を置く姿勢の現れといえます。

このページのトップへ

× 閉じる

スマートフォンサイトに移動