ベンツ用ショックアブソーバーSACHS

ザックスは、20世紀の車文化の証人としてテクノロジー分野でモータリゼーションの発展に大きく貢献してきました。

ザックスは1895年、「フィヒテル&ザックス・シュバインフルト精密ボールベアリング社」として世界の自動車産業の中心でもあるドイツに誕生。以降その革新技術を通し、自動車コンポーネント関連分野で活躍。その製品の品質は世界中で「ドイツ・クオリティー」と高く評価されています。なかでもショックアブソーバーとクラッチはメルセデス・BMW・フォルクスワーゲンなど世界トップクラスの車で標準装着されるなど、その信頼性はますます高まっています。

このページのトップへ

× 閉じる

スマートフォンサイトに移動