ベンツ用ブレーキパッドmintex

Mintexは日本ではまだ有名では有りませんが自動車メーカー各社への納入には長い実績があり現在ではPagid/ Textar/ mintex の3社統合によるTMD Friction社の中核会社として活動しております。 ブランド名は現在でもそれぞれ特色をもって活動されており例えばPagidブランドこちらはレーシングブレーキの雄として Texterは純正ブレーキパッド製造メーカーとしてmintexはサードパーティーパーツとしてそれぞれの特色を鮮明に打ち出しております。
またBugatti Veyron 1001馬力車のブレーキにはTMD Friction社製品が純正採用されおり同社のその高い技術力は世界を常にリードしております。

Mintexの歴史
mintex社は1879年にWilliam Fentonがスコットランドに起業したScandinavianBelting Ltdが起源となり後にmintex社となります。1910年mintex社として生産した最初のブレーキは Ford Model T 20.2馬力用です。1953年にはDunlopがディスクブレーキの開発に成功し、早速Jaguar C-Type Racingに装着されmintex製レーシングパッドの使用によりルマンにて優勝しました。
2000年にはTexter社とmintex社が経営統合され管理会社としてTMD Friction社が設立され製品開発及び生産設備と流通の合理化により組織の近代化を果たしました。 2001年にはPagid社がグループに加わり新工場もブラジルと中国、メキシコにも稼働させております。日本でもTMDフリクション株式会社が設立されグループが大きく飛躍しました。

このページのトップへ

× 閉じる

スマートフォンサイトに移動